おいらの動作確認。

id:weep による動作確認用ブログ。

※当サイト内の文章・画像を「まとめサイト」および「ニュース記事」等に転載することを禁止します。

有料記事連載を note と monappy で開始することになりました。

f:id:weep:20180206190223p:plain

こっそりと、やりまーす。

 

 

 

note は 100円

note.mu

 

 

 

monappy は 1モナコイン

monappy.jp

 

 

誰も買わなくても、ずっと連載していきます。

 

f:id:weep:20180206190001p:plain

なお、今後「エンチャンと」や「唐突ですがネコです」の漫画の継続を、有料記事内でやることになりますが、note では敢えて読めるような方向にしたいです。

note では、冒頭部分が無料で読めるため、価格設定がそれぞれ違うものになっています。

 

 

ひどい宣伝記事ですが、よろしくお願いします。

世の下請けさんはツライさん現象(追記)

元請けさんが、下請けさんに仕事とその費用を与えることが、大体の流れです。。

元請けさんがあまりにも鬼だと、下請けさんはツライさんです。

 

 

f:id:weep:20180205170326p:plain

 

 

アニメ制作会社のプロデューサーさんである方が、今後リリース予定のゲーム作品にアニメ本編の絵の無断使用を Twitter で声を上げたり。。。

www.nikkansports.com

 

 

コンビニのオーナーさんが、本部がロイヤルティを持ってきすぎておカネがないと、匿名ダイアリーで声を上げたり。。。。

https://anond.hatelabo.jp/20180205051331anond.hatelabo.jp

(消えてしまったので、以下に魚拓を置きます)

archive.is

 

 

 

 

(更新後追記)あるお茶で有名な会社*1が、納入業者2社の下請けさんに協力金の名目で販売促進の費用、合わせて1億1000万円余りを不当に負担させていたため、公正取引委員会が勧告しました。

www3.nhk.or.jp

 

 

*1:お茶で有名な会社は、はてなではないぞw

続きを読む

マストドンインスタンスは、おひとりさまですか?

Mastodon のアカウントをあちこちで取りまくってて収集がつかない weep です。

blog.weep.jp

 

しかしながら、おいらみたく各所でマストドンアカウントを持ってるのは、「ダサい」ことのようですね。

 

「おひとりさま~」表記で統一

「おひとりさまマストドン」とか。。。

「おひとりさまインスタンス」とか。。。

これらのどうでもいい「ゆらぎ」が存在しているため、この記事では「おひとりさま~」って表記することになりますが、ゆらぎとか呼称とかを増やしてなんの得があるのでしょうか。

 

それは、おいらみたく各所でマストドンアカウントを持ってる行動とあまり大差ないわけなんですよね。。。

 

 

 

おひとりさまマストドンインスタンス

おいらは絶対にやらないって言ってましたが、やらない理由はあります。

 

だって、こういうのは大抵飽きます。

所詮、マストドンなんて各所のローカルタイムラインを見れる時に見て、満足したら終わりなわけじゃん。

 

こんな気軽に利用してれば良いものを、わざわざマストドンを開設して、資金を無駄遣いしると我に返った時はすぐにやめたくなるし、のちのち放置してやってたことを忘れていくパティーンです。

「おひとりさま~」を去年に開始した人たちは、今もそこでちゃんと活動しているのか、なんだか心配になってきました。。。

 

 

おひとりさまマストドンの巡回をしてきた

今も活動しているのかを。。。

 

チェッ チェッ チェック!

ポインポインポイン

 


チェック・ポイント/藤井一子

してきました(誰がウケるのかわからないネタ)。

 

チェック・ポイント:1

まずは、ドワンゴニコファーレ的なことやってるらしい MIROさんです。

この方は、あの「携帯動画変換君」の作者さんです。

おいら的には、寝そべった感じに乗るチャリを使ってお台場を徘徊したり、ファミコンセクロスをやるだけで「セクロス配信」と釣りタイトルを、ニコ生をやってたオッサンってイメージしかないんですが。。。

 

なんとか、存在は確認できました。

mstdn.mobilehackerz.jp

 

見てみると、去年の5月末でぱったりと投稿がとまってますね。。。

いちおー、こっそりと使っては居るみたいです。

 

 

チェック・ポイント:2

続きを読む