おいらの動作確認。

id:weep による、動作確認用ブログ。

※当サイト内の文章・画像を「NAVERまとめ」等に転載することを禁止します。

「テレビを見ない人」の影に隠れた「雑誌を読まない人」の存在

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

みんみー。

f:id:weep:20170720202146p:plain

絵が微妙な weep です。

これで下書きなしです。

 

 

テレビは予約録画してあとから繰り返し観るテレビっ子なおいらは、「テレビを見ない人」ではないんですが、気がかりなことがあります。

 

最近は「テレビを見ない or 持ってない人」が、現代においてクローズアップされています。。。

nikkan-spa.jp

 

SPA。。。

雑誌かー。。。

読まないなぁ・・・

 

最近、読まないなあ。。。

テレビよりこっちが気がかりだ。。

 

みなさんは雑誌を読んでますか?

雑誌に分類されるものといえば大まかに

  • 週刊誌・月刊誌(いわゆるゴシップ誌)
  • 漫画誌(雑誌と言えばこれと思う派もいる)
  • 専門誌(ファッションとかゲームとか専門的なやつ)
  • ムック(書籍なのか雑誌なのか区別がつかないやつ。みどりのやつはダメですぞ~のアレではない。)

 

テレビやネットは物理的に手元に残らないが、雑誌は買うと手元に残り、古本屋さんに売っても大したカネにならない。。。

中にはとじられてて、立ち読みできなかったりするものあって・・・もとい、どんな本でも立ち読みは本来許されるものではないが、客を減らさないために誰も注意しないだけな現状ですが。

こういう要素は田舎なのん?

 

しかし、現在では雑誌社が公式サイト上に記事を一部公開したり、電子書籍*1が登場した今となっても、おいらは毎回雑誌を読むことを持続できないため、どうあがいても雑誌は飽きて読まないのです。

 

 

おいらは、雑誌を読まない人です。

雑誌を読まなくても、それこそテレビやネットが勝手に部分的に切り取って取り上げてくれるし、雑誌社はテレビ番組内で文章や写真や音源*2を取り上げれば取り上げられるほど、情報提供料(?)として、雑誌社にべらぼうなおカネが入る的なウワサを聞きます(これって本当なの?)。

 

さらには、おいらは単行本派なので漫画雑誌も読まないです。

そう言った理由で、おいらは雑誌を読まないわけなのです。

 

雑誌を読む場所の代名詞である「散髪屋」だが、近年待ち時間がないスタッフがやたら多いお店にしているので、読むこともなくなったし、銀行や病院の待ち時間ってのもそんなにあるわけじゃないし、今では終わっちゃいましたが、池田暁子せんせーの「人生モグラたたき」を文春で読む程度だったわけです。。。絵柄が好きだったので。。。

 

今じゃ決まって雑誌で読むものがないんです。

 

待ち時間があったら、スマホで「はてブ」や「マストドン」見てしまいそうです。。。

 

 

そんなわけで、雑誌社さんは「テレビを見ない人」を得意げに取り上げるのもいいんですが、「雑誌を読まない人」について取り上げて自虐的に嘆かないのかなぁと思うのですが。。。

ま、それをやっちゃうと、ますます売れなくなるものね。

  

 

おいらの手元にある雑誌

 

おいらが、大事に保管してる雑誌を紹介します。

でも、押入れに積み上がっててボッロボロのズタズタです。

 

 

例えば、自分が取材された記事のある雑誌とか。

 

おいらは、盗使哀やってた時は取材が来たことありまして、さりげなくイラストまでもちゃっかり掲載されました。。。

f:id:weep:20170720182030p:plain

f:id:weep:20170720182207p:plain

日経BP社 「日経エンタテインメント!
2006年 2月号 No.107 (通巻130号) 20ページ より

 

日経BPさんに「掲載号、お送りしますよ」と言われたんですが、お断りして、自腹で購入しました。

それは、2005年のネットランナーのトラウマがあって、「ブログ記事掲載します」と言って結果的に掲載しなかった無意味な号が送られてきて、怒りのあまり捨てました。

次号には「のまタコFlashぶっこ抜き」と題して、自分のサイトがダウンロードソフトの標的にされるような悪意の取り上げられ方をされ、レンタルサーバーさんから警告までくる事態になり、Flashを「バナナフォー」のみ公開に至ったわけです。

このトラウマで、もしも掲載された時は自腹で買うかも。

今後の雑誌掲載はないと思うけど。

 

他にも週刊朝日さん*3や、それこそ週刊SPA!さん*4にも掲載されたんですが、どこに保管したのか紛失。。。

雑誌は持ってても失くしてしまうから厄介だ。

 

そういうささやかな自慢をして、この記事はおわりです。

つまんない記事。

 

 

f:id:weep:20170720200741p:plain

日経BP社 「日経エンタテインメント!
2006年 2月号 No.107 (通巻130号) 表紙と
なんかの本(左)

 

表紙がシンゴーシンゴーだったので、顔を物理的に伏せてやりました。。。

*1:立ち読み版=いわゆる期間限定で無料のがある

*2:豊田真由子とか?

*3:初の雑誌取材

*4:盗使哀のサイトが言及される