おいらの動作確認。

id:weep による動作確認用ブログ。

※当サイト内の文章・画像を「まとめサイト」および「ニュース記事」等に転載することを禁止します。

mixi 衰退について語る(niconico も少々)

mixi に数年間ログインしてない weep です。。。

メアドもパスもわがんねえ。。。

 

(2017/12/02 17:00頃 大幅に加筆しました)

 

f:id:weep:20171202012549p:plain

みくしぃ?

 
 

 

mixi が衰退した理由

 

 

 

 

 

衰退の三大要素

おいら的には、「招待制廃止」「未成年者OKに改定」Twitter を代表する匿名性のある SNS の登場」と言う、三大要素が相まってユーザーが離れていったんだと思います。

 

ジオシティーズすら知らない世代の方とかも居るかもしれないので説明します。

mixi は、開設当初から招待制であり、メールで招待された人しか登録できなかったんですね。後年には誰でも登録できるようになったので、世代的には「招待制じゃないよ?」って言う方もいそうですね。。。

さらには、当初は未成年者の登録も禁止事項とされていました。

 

(あれ? 18歳以下禁止だったかも? どっち?)。

 

 

 

一方の GREE

対する GREE は、誰でも登録できるものでしたが、mixi と比較すると日記やコミュニティ機能を強化することなく放置し、そこは割り切ってゲームコンテンツを強化することで、そっちで生き残ることができましたって感じだったような。

だから、GREE を退会することが難易度が高く、そこにまでゲーム要素がしこまれていたわけなんですね?

 

モバゲーは?

まだ存在してなかった(おいらの中では)

当時は「モバゲータウン」と言う名前であり、携帯オンリーのコンテンツであったため、PCしか持ってない人には未知の世界。

 

PC にまで対応させず、携帯だけに主力してたことが今に繋がっている。

しかし、それによってなかなかスマホでの対応にシフトできず、やや手間取っていた感はあったためか、その隙に「モンスト」や「パズドラ」がうまく滑り込んだタイミングだったような感じですね(正しい時系列と違っていたらごめんなさい)。

 

「モンスト」と「パズドラ」の成功は、モバゲーにとっての大きな痛手になったことが、現在の状況からしても、よくわかるでしょう。

 

 

mixi のユーザーが増えすぎた

なんせ、「2ちゃんねる」やら「したらば」等のさまざまな掲示板パワーによって、招待メールはじゃんじゃんばら撒かれたわけで、あまり質のよろしくないユーザーもワンサカ入ってきたわけなんですね。

 

そうです。

言うことを効かないで、本名でない情報で登録するわけです。

それは、mixi 的には、許されないことだったはずなんですね。

たまにはそう言ったユーザーを運営によって退会された者もいた話も聞いたことがあります。

 

招待を受ければ誰も登録できたわけなので、年齢を偽って登録していた未成年者も割りと多かったそうで、その証拠に、日記の画像で飲酒や喫煙がバレる未成年者のユーザーが相次ぎ、後を絶たなかったわけです。

これでは、未成年者禁止の事項もあって無いようなことになっていくのでした。

 

で、未成年者OKになるのは時間の問題でしたし、「足あと機能廃止」*1や「ページデザインのリニュアル」を期に、離れた人は多かったようです。

 

mixi 以外の SNS が増えていきまして、お絵描きさんは、mixiFlickr を足して2で割ったサイトの Pixiv に移住するでしょう。

 

また、OpenPNE の登場で、WordPress みたいな感覚で、誰でも mixi クローンを開設でき、ますます自由度の高く匿名性のある SNS は、どんどん量産していくわけです。

 

そんな状況がある中で、mixi に戻ってくる人と言うのは、連絡の取れる知り合いが居る人だけって言う状況になってしまいます。

mixi に知り合いの居ない寂しい人にとっては、 mixi に戻る理由がないでしょう。

 

これらは、そもそも先述した要素であるTwitter を代表する匿名性のある SNS の登場」が背景にあったこともあって、なお拍車をかけたわけで、そこには「ニコ動」もそうだし「Pixiv」もそうだったかと思います。

 

で、mixi はユーザー離れを「なるべく」解消するために、「招待制廃止」「未成年者OKに改定」をおっ始めていきます。

これにより、mixi は当初のものとはガラッと変わった気がします。

 

非匿名制サービスが理由で大きな事件に

mixi の特徴は「みんな本名で登録しよう」と掲げたわけで、当時としては「あり得ないサービス」だったわけです。

 

 

ここで、大きな事件が発生します。

ある日突然、ファイル共有ソフトの暴露ウイルスによりファイルの流出があり、個人情報が漏れてしまいます。

その流出先の身元が特定できる決め手となったのは、その人が mixi に登録していたからで、これが世に言う「ケツ毛バーガー事件」ってやつですよね。

他にも、先述した未成年者の喫煙飲酒も含めて、次々に発覚してたわけなんですね。

 

匿名性のあるコミュニティにおいて、 mixi はネットヲチする場所として最適なところでしかなく、これは今で言う「バカ発見器」もしくは「バカッター」みたいなもんでしたね。

この事件によってインターネットで、わざわざ本名や出身地や誕生日と血液型を公開して存在を示すと言う。リスキーでおそろしいことをすると、「ケツ毛バーガー事件」「未成年者の若気の至り」みたく、何かあったときには、残機ゼロの人生オワタゲームみたいなもんだと悟った人たちは、mixi で本名を載せない設定にしたことでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

mixiniconico

niconico の近況を mixi を引き合いに出して、例える人が結構おりますよね??

 

 

 

おいら的には、mixiniconico は、全く違います。

 

 

mixi には、知人が居るかどうかで、戻ってくるかどうか決めるでしょうが。

ニコ動には、好きな「動画」や「弾幕」や「コメントアート」が、そこに投稿されているとしたら、いつでも戻ってくる理由は mixi よりかは、充分にあるでしょう???

 

はちぇまれぇ!!!

この動画好き。

 

そんなわけで、niconico は、ユーザーをもっと大事にして下さい。

 

特に、動画投稿者を Twitter へと投稿の場を変えさせないような対策や作戦を一刻も早く練るべきだとおいらは思うんですけどね?

 

でなきゃ。。。

それこそ、 mixi の二の舞いになってしまうよ?

 

  

 

 

まとめ

まぁ、よく言われてますが。

ネットは避難所であり、批難所でもある。

ってね。

 

 

 

  • ネットはリアルから逃げられる避難所にしたい。←わかる。
     
     
  • 自分よりもどうしようもないクズを見つけて叩いて憂さ晴らす批難所にもしたい。←それってどっちがクズなの?

 

 

 

 

全然ダジャレがうまくないけど、おいら的な mixi 衰退論は、おわります。

所詮、この記事はアイキャッチ画像のために書いただけなんですから。

 

 

 

 

蛇足

この先、モンストだけで生き残れるのかが心配ですけどね?

SNK って知ってる? コンパイルって知ってる?

蛇足さんって知ってる?

 

 

ほんだばー  って知ってる?

フォンドボーなら知ってるけど、食べたことない。

 

 

(2017/12/02 17:00頃 大幅に加筆しました)

*1:のちに「訪問者」として名称を変え、復活する混沌さも忘れないで欲しい。