おいらの動作確認。

id:weep による動作確認用ブログ。

※当サイト内の文章・画像を「まとめサイト」および「ニュース記事」等に転載することを禁止します。

放送事故による放送中断の鮮明な記憶とか。

怖いCMと、放送事故と、カラーバーが大好きな weep です。

なんで好きなのかは、自分でもわからない。

たぶん「怖いもの観たさ」が抜けないのだと思います。

 

番組中テープ巻戻し早送りが繰り返される放送事故

放送事故っていろいろあるんですが。。。

平成になる前後には、やたらと放送事故はいろいろあったと記憶しています。

夕方の再放送アニメですら、放送回を間違えて放送したりするくらいだったもの。

 

おいらはテレビっ子だったんで、嫌なことはなんか覚えてるんですね。。。

バンダイのテレビッコは買ってもらえなかったけどもね。

 

放送中のテープが早送り巻戻しになったケースの放送事故情報を探しています。

 

 

ググっても、たぶんこれしか上位に出てこないのではないのかと。。。

おいらはこの放送事故はあんまりよく知らないのですが、代表例として言及します。

あんまりよく知らないのにw

ねるとん紅鯨団 放送事故(別名:中森明菜事件)

ねるとん紅鯨団」が、最も有名な放送事故なんですよね。

おいらの地元では同時ネットしてました。

やたら番宣やってたのを子供心に覚えてる。

 

 

これこれ。

 

おいらは、この番宣しか知らない昭和末期生まれの若造です。

「紅鯨団」が、どんな番組だったかは詳しく知らないのです。

むしろ、後年の「パロディ」でしか知らないのです。

 

 

★ほうそうじこの かいせつ★

1989年6月17日。

告白タイムのあとに灰色の画面になり、巻戻し早送りが繰り返され暴走。

で、たびたび「しばらくお待ち下さい画面」になるも。

f:id:weep:20180516153344p:plain

こんなん夜中に表示したら怖いだろw

報道特別番組により、やむを得ず番組を中断いたしました。ご了承ください。」という意味深なテロップが表示されるなど、やたら不可解な放送事故が発生したらしい。

深夜に真っ暗でこの映像はちと怖いな。。。

おしっこちびるわ。

 

f:id:weep:20180516153050p:plain

いつみてもお詫びテロップは怖い。

その放送事故の回は次週には、改めて同じ回を放送されることとなります。

その回のゲストである中森明菜さんが、好きな男性のタイプの苗字を間違えて「ミヤザキツトム」と答えてしまい、その数日後にには、「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件」の犯人である宮崎勤が逮捕されたため、という偶然が巻き起こるやべー回だったのです。

さらに、同年の7月11日に中森明菜さんが当時交際していた近藤真彦さんの自宅マンションにて自殺未遂事件があったりしたことから、ある種の都市伝説として語られた。

さらには放送事故発生日(1989年6月17日)から19年経ち、宮崎勤死刑執行日(2008年6月17日)が、「6月17日」で一致することから、さらに余波が大きくなり、都市伝説だかオカルトネタだかで、今も根強く残っている方向では、超有名な放送事故となったと言うわけです。

 

いやはや、偶然ってのは残酷です。

おいらは都市伝説やオカルトネタは嫌いじゃないけど。。。

放送事故の原因とか、詳細のが気になるんだよ。

 

 

 

別番組で、同様の放送事故はあるのか?

紅鯨団の他にも、ありませんでしたっけ?

テープの早送りと巻戻しが繰り返される放送事故。。。

 

おいらの鮮明(皮肉)な記憶が正しければ、ご飯食べ終わってテレビを観ていた時間だったと思われる。

当時は「9時には必ず寝なさい」と言われてるので、「紅鯨団」は先述の番宣でしか存在が知らないのです。

あと「紅鯨団」って響きがなんだか子供心に好きだったので、番組本編を知らずになんらかの「チーム名」とか「クラスの班名」に付けてるところもあったほど。

しかし、両親が好きだった「ギミア・ぶれいく」の「笑ゥせぇるすまん」を観ることだけは何故か許したんだよね。どんな親だよ。。。

(あの「笑ゥせぇるすまん」でさえ、あきらかに「ねるとん紅鯨団」をモデルにした回があったくらいだもんなぁ。他局なのにいいのかよ。)

 

 

おいらの探している放送事故

話は戻すがおいらが記憶してるのは、夜の7時か8時くらいにやってたやつ。 

番組がいきなり、巻戻しになってしまった。

番組開始からけっこう経ってからの巻戻しになって、冒頭の提供クレジットまで、巻戻しされていたところまで、何故か鮮明に記憶している。

うちのテープより、ノイズが少なくきれいに巻戻しされていたので不気味だった。

おいらは母親に「これってテープじゃないよね?」って聞いて、「ええ? テープ動いてないよ?」と言われた瞬間に「しばらくお待ち下さい」に切り替える。

そのあと音声ありの状態で

ケチャケチャキャキャキャ・・・」

と高い声の早送りになって、また「しばらくお待ち下さい」の画面に。

おいらんちのお茶の間が、いっきに凍りついたことは言う間でもない。

 

 

その時のおいらは、小学生になるかならないかくらいで、住んでたおうちはボットン便所だった記憶があるので、引越しした1991年以前のテレビ番組だったと思います。

まぁ、こういうのと同様の放送事故は他にも多々あるらしいので、おいらの証言とは一致しなくてもいいので、なんか情報下さい。

 

 

ついでの募集

あと、「進め!電波少年」だったかで、番組中に「番組を中断しております」と、枠が終わるまで表示されてたこともあったような記憶があるんですが。。。

これも詳細キボンヌ。

 

キボンヌってなんだよ。。。。

 

 

雲と波と少年と」のやつではありません。

あれは、放送事故って言うよりスタッフの不祥事(飲酒運転事故の方)だと思います。