2019/02/18(月)国家を動かせて商品を売りたいメーカーさんたちに期待!

みなさま。

おはようございます。

おいらは、朝でも「おはようございます」でございます。

prem.png

いつぞやに、ひろゆきの YouTube Live を観てたんですが。。。

 

コメント

「プレミアムフライデーを広めるにはどうすればいいですか?」

ひろゆき

「このコメントの人って、もしかして、博報堂の人? 博報堂って優秀なんですよ。 プレミアムフライデーを仕掛けたのはそもそも、博報堂がサントリーのプレミアムモルツを売り出すためにしかけたキャッチコピーで、それを国が乗っかったってだけなので、だから博報堂って優秀なんですよ。」

prem.png

へぇ、なるほど。

最近はメーカーの商品を売るために国をも動かす作戦なんですね!

そりゃあ、売れるでしょうねぇ?

 

そう言えば、今月の2019年2月1日に、高台作業に使用する「命綱」としての役割である「安全帯」を「墜落防止用器具」という名称にして、フルハーネス型安全帯を原則義務化するらしいですね。

「安全帯の規格」を改正した新規格「墜落制止用器具の規格」を告示しました

 

asin:B001WHEVEQ

(上は腰ベルト型の安全帯)

 

これって、従来の腰ベルト型に比べて、クソ高価なフルハーネス型の安全帯を、どうしても売りさばくために仕掛けたんではないのかなとおいらは勘ぐってるんです。

 

asin:B00762H0F8

(上はフルハーネス型の安全帯)

 

まぁ、日本では腰ベルト型の安全帯使用者しか居なく、海外ではフルハーネス型が圧倒的に多いって説明を受けたんですが、本当なのかは知らないですが、まぁそうなのでしょう。

登山だかボルダリングだかフリークライミングとかでも使われてるやつのイメージだけど。

どうやら、腰ベルト型からフルハーネス型に買い換えると補助金が出る予定だったりしていて、高価なフルハーネス型を生産販売してるメーカーさんは、そりゃあもうウハウハでしょう?

 

まぁ、「命綱」を売ってるメーカーさんもさ、欠陥品を売っちゃって死亡事故されられたら責任を取らなきゃいけないらしいので、ちゃんと作って貰いたいものです。

だもんで安全器具を購入する時は、なるだけ同じメーカーで揃えることで、メーカーの責任を分かりやすくさせておくのは、おいら的にはおすすめです。

何故なら、部品やオプションを別メーカーにすると、責任の所在がどこのメーカーになるのか分からなくなって、同業他社同士で責任逃れしますから、怖いものです。

国家を動かせて商品を売りたいメーカーさんの腕の見せ所にも注目ですよ。

たくさん売って儲けるだけでは無責任ですぞ?

タンク転落の2人死亡確認 大阪・和泉の工場事故 : 日本経済新聞

転落死亡事故の悲しいニュースが多い昨今ですので、補助金が出るうちに良い「墜落防止用器具」に買い替えときましょう。

どうやら、良いものは品薄らしいけどね。。。

 

そんなわけで、職種がバレそうな記事でビクビクの weep がお送りしました。。。

では、またね。

ツヨロン、ツヨロン。。。

OK キャンセル 確認 その他