2020/03/26

ワニの件で思い出したこと。。。

どうも、みなさんホエホエパー。
おいらです。おいら。
名乗るほどのもんでもないです。
はい。
前置き短めにして、例の100ワニについて語ります。
この炎上でおいら的に思い出されるのはこれです。
日本テレビ系の「ZIP」に出演してた犬の兄弟「ZIPPEI兄弟」ですね。
ワニはフィクションなんですが、こちらはほんまもんの犬なので、、、まぁ、犬好きの方や、この記事を最後まで読まなくても大体お察しのことかと思います。。。
読める人は読んで、読みたくない人は読まないで下さい。

ZIPPEI兄弟

じっぺい兄とじっぺい弟のサモエド犬の兄弟が交代で全国を旅する企画「ZIPPEIスマイルキャラバン」 (2011年5月開始)に出演していた ZIPPEI兄弟。。。
2012年8月9日、暑い車内の中で取り残されるという不慮の事故での突然死で、兄弟とも亡くなってしまう。

で、上にあるアマゾンアソシエイト(アドブロックすると表示されません)にあるように、犬兄弟の死後に書籍化をするという。いやらしくも日本テレビ放送網自身が、死後から数ヶ月に発売するんですが、ここぞと発売するこの行動自体に、批判の声はあったんですが。。。
本の表紙を見ると「ホットドッグ」がある。。
よりにもよって、表紙には「ホットドッグ」の写真があったため、犬兄弟の死因が死因ってだけに、シャレにならないし不謹慎だとネットでかなり炎上しまったわけです。。。
犬兄弟の死後、共演していたダイスケという男性歌手は複雑な心境の中、一人旅して2013年3月29日にゴールし企画は終了。その後は犬種や出演者や企画名をころころ変えて、(プードルの兄弟のジジとププ→オールド・イングリッシュ・シープドッグのそら)、シリーズは2018年まで続いたそうな。
とまぁ、ここでは語れない詳細は上のニコニコ大百科の記事も参照下さい(こういうのは Wikipedia ではガシガシ消される内容ですので)。
リアルタイムで観ていた犬好きの視聴者からすれば、胸が苦しくなってくることは想像できるでしょうか?
そんなわけで、こういった追悼的なグッズの取り扱いについては、よりいっそう慎重になるべきであることが過去の教訓からいくらでもあるもんですが、フィクションだからと軽くみたのか、ワニのコラボ企画者にこの手の教養がないのか知りません。
この他にも同様のことはあった気がしたんですが、とりあえずおいらがまっさきに思い出したのが「ZIPPEI兄弟」だったので、そのことを書きました。。。
トイプードルの時は「なんとか犬たちもゴールしてくれ」と思ったのは視聴者だけなくスタッフ側の方が強かったのは、観ていてひしひしと感じたおいらの観かたは、かなり歪んでいるなぁと。。。

関連しない過去記事

0 件のコメント:

コメントを投稿

 ※コメントを投稿することは、利用規約&プライバシー・ポリシー に同意したととみなしますので、念の為ちゃんとお読み下さい。