2020/03/26

ワニの件で思い出したこと。。。

どうも、みなさんホエホエパー。
おいらです。おいら。
名乗るほどのもんでもないです。
はい。
前置き短めにして、例の100ワニについて語ります。
この炎上でおいら的に思い出されるのはこれです。
日本テレビ系の「ZIP」に出演してた犬の兄弟「ZIPPEI兄弟」ですね。
ワニはフィクションなんですが、こちらはほんまもんの犬なので、、、まぁ、犬好きの方や、この記事を最後まで読まなくても大体お察しのことかと思います。。。
読める人は読んで、読みたくない人は読まないで下さい。

2020/03/15

日記動画( #weepTube )

「日記動画」を YouTube で投稿しています。
おいらのYouTube では、変なCMばっかりあげていますが、箸休めとして「日記動画」や「動画編集テスト」もあげています。
よかったらチャンネル登録をお願いします(←そういえば動画内でこれを書いたことなかったなと気づきながら)。
日記動画はこんな感じ。下にゲームのメッセージウィンドウ風が出ます。
weep とノイズの激しいフナイのテレビデオが存在するのみ。

日記動画プレイリスト

「日記動画」のプレイリストがありますので、よかったらどうぞ。
もともとは、おいらがラジオを収録してやろうかなと企画するも、おいら自身が声を収録する時間や場所の確保が困難となり(最近はカラオケすら行かなくなってしまう)、すべて編集でどうにかなる「文字を読む動画」としてやることになったやつです。本音を言えばラジオやりたいっす。喋り下手なのに。
weepくんとweekちゃん。
再びこのコンビでやれるのかは不明である。
#3 からは「weepTube」として聞き手役等の登場人物を増やしリニュアルするも、幻の #11 で打ち切りに。「weep and week」とか「weepTube SECOND」を模索するも、当初の「日記動画」に形式を戻して、#11 としてナンバリングを上書きし再開することになりました。
更新は不定期で、内容も支離滅裂。
あくまでも、日記要素の動画なので、内容がないのは許して下さい。

うごメモ(うごくメモ帳)文化は今も「スドメモ」で続いてる件。。

2008年(海外は2009年らしい)にリリースされた「うごくメモ帳」っていう、ネットにおえかきを投稿できるニンテンドーDSi用の無料ゲームソフトがありました。
おえかきが目的なので、ゲームソフトと言えるのか謎でしたが、スタイラスペン操作が主である DS でペラペラマンガを投稿できるとあって、えかきさんの間では「とてつもなく熱いゲームソフト」だったのではないのでしょうか。。。
ネット投稿のサービス「うごメモはてな」(ソフト上での閲覧は「うごメモシアター」)が2013年5月31日にサービス終了しソフトからのネット投稿ができなくなり、ニンテンドーDSiショップのサービス終了に伴い2017年4月1日にソフトの配信も終了した(ニンテンドーDSiLL なら内蔵されているのでソフト自体は入手困難でもない)。
で、「うごメモはてな」を運営してた「はてな」が、 Miiverse のほうにシフトした事情からなのか、はてなを請け負わない感じで任天堂がコミュニティを用意する形を取った「うごくメモ帳3D」(続編)を前作と切り替わるタイミングで出したわけなんですが、なんか微妙で終わってしまいました。
この話を聞いて終わったコンテンツ(オワコン)感があるんですが、実はまだ「うごメモ」の作品がネット投稿され続けていることは、あなたは知ってます?

2020/02/28

おいらの最近のドメイン事情。。。

CloudFlare にドメイン移管できる分だけ移管完了させた昨今です。。。
移管できるドメインは、.com や .net などのメジャーなトップドメインのみで、国別トップドメインは未対応で、日本語ドメインは無条件で不可だったりするんですが。。
新規取得で激安にしては更新価格で足元を見るドメイン業者に対するアンチテーゼのような適切な更新価格に設定しているらしいよん。
おいらはメジャーなトップドメインを9個持ってたので、これを機に移管してドメイン費用を節約しつつ、あとは VALUE-DOMAIN で取ったものは必要ないものばかりなので更新せずこのまま放置すれば、脱GMOできます
9個は合計88ドルくらいの価格で移管し、その中には代表的なもので SHII.NET が含まれ、CloudFlare に移管できなかったものは全てスタードメインに置いてます。
欲を言えば、国別トップドメインや日本語ドメインにも対応して欲しいものですが、その対応まではやはり難しいのだろうな。。。
最近のドメイン運用の悩みは、2010年くらいに偶然取れた pu.nu を eNom に移行(VALUE-DOMAIN 経由で eNom ドメイン取得した際は、 eNom へ無償に移行させることが可能)したんですが、去年だったかに eNom 側が強引に同グループ(カナダの Tucows 社のことで、2017年1月20日にそこが eNomを買収し、世界第2位のドメイン業者になったらしい。)の hover.com になぜか誘導してきて、そこでは一部のドメインが、ネームサーバー変更以外の操作ができなくなる呪いのコントロールパネルだったので、このまま無事に保有できるのか不安しかないのです。とほほ。